第18回全日本フルコンタクトテコンドー選手権大会

日本テコンドー協会の一大イベントである、
『全日本大会』が開催されました。

盛島道場からは以下がエントリー。
トーナメントには男子1名、女子2名。
少年部演武には5名。

10時半開始という早い時間にもかかわらず、
たくさんの応援が来てくれていました。

格闘技を、テコンドーを初めて観戦という人も多かったのですが、
うれしいことに最後まで見ていってくれたようです。

途中には、K-1戦士である「尾崎圭司」さんの演武もあり、
華麗な蹴りで魅了してくれました。
尾崎さんマイクアピール

今回は残念ながら入賞者を出すことはできませんでしたが、
試合は、選手もセコンドも納得の内容でした。

しかしそれだけに悔しい・・・
この悔しさを次につなげていって欲しいと思います。

少年部はきっちりちゃーんと演武をこなしてすばらしかった。
久しぶりに見る子もいて、その技とともに身体の成長も感じられて、
年に一度の発表の場があるというのは、いいことだな!
とあらためて思いました。

成年部はその後、大いに語り、大いにおいしい酒を飲み、
大会の仕上げをしました。

少年部もきっと晴れ晴れした気持ちで家路についたことでしょう。

みなみなさま、おつかれさまでした!!
終わって肩の荷おりました


トモ@品川

・日本テコンドー協会
・GBR
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。